JTOファイナンスがパレパレ支店を開設 農機/中古車ファイナンスを提供

2019年4月18日
Jトラスト株式会社

						

Jトラストオリンピンドマルチファイナンス(JTOファイナンス)は2019年4月10日、セレベス島南スラウェシにあるパレパレ市に新たな支店をオープンし、オープニングセレモニーがとり行われました。

パレパレ市バチュキキ区バラナ通りで行われたオープニングセレモニーは、JTOファイナンス副社長の神々によるテープカットで始まり、General Financeマーケティング担当の執行役員であるアンドリス・ファジャル・バティアル、支店管理部長のラフマット、カリマンタン・スラウェシ地域長のイヤン・フェルディアン、パレパレ支店長のアンデ・マハディル、マカッサル支店長のイルハム・シャムも同席、取引先のディーラー方々も参加しました。

神々はスピーチで「当支店はインドネシアにおいてJTO Financeの42番目の営業拠点であり、今後もインドネシアにおける営業拠点の拡大を進めていきたい」と話し、アンドリス・ファジャル・バティアルは「JTO ファイナンスは、カーファイナスの他に農機ファイナンスも積極的に行っているが、米やトウモロコシなどの収穫機械の農機だけではなく、他の多目的なローンの提供も行っている」と話しました。 また、アンドリスは、「JTOファイナンスは、利益成長だけを追及するのではなく、社会貢献の観点からも事業を進めていきたい。インドネシアが国家として推進している農業自給率をの向上に寄与していきたい」と語り、新しい支店をパレパレに開設した理由については、「南スラウェシにける農業成長は特にパレパレエリアで著しいものがあり、パレパレ支店の開設はすぐに決まった」と話しました。

パレパレ市はセレベス島南スラウェシ州の南部に位置する。州内では人口第2位の市で14万人が居住し、農業が盛ん。主な農産物はカシューナッツ、カカオ豆、米など。     参考記事:Berita kota Online URL:http://beritakotaonline.com/56926/pt-jto-finance-hadir-di-pare-pare-melayani-kredit-alat-berat-pertanian-dan-mobil-bekas/

本件に関するお問い合わせ先

Jトラスト株式会社 広報・IR部門担当
03-4330-9100(平日9:00~18:00)