年月 沿革
1977年3月 大阪市南区(現 中央区)に㈱一光商事を設立、中小企業及び個人事業主向けの商業手形割引及び手形貸付等の貸金業務を開始。
1983年12月 「貸金業の規制等に関する法律」の施行に基づき、貸金業登録。
1991年3月 商号を㈱イッコーに変更。
1998年9月 大阪証券取引所市場第二部に上場。
2005年1月 全国保証㈱が当社普通株式12,600千株(第三者割当及び公開買付)を取得し、当社の親会社となる。
2008年3月 藤澤信義氏が全国保証㈱より当社普通株式14,010千株(公開買付)を取得し、当社の筆頭株主となる。
2009年3月 阪急電鉄㈱より㈱ステーションファイナンス(現 ㈱日本保証)の全株式を取得し、当社の連結子会社とする。
2009年7月 商号をJトラスト㈱に変更するとともに、大阪市中央区北浜へ本店移転。
2010年5月 当社の事業者及び消費者向貸付に関する業務を吸収分割の方式により、Jトラストフィナンシャルサービス㈱(現 ㈱日本保証)に承継。貸金業を廃業。
2010年10月 当社の信用保証業務に関する事業を吸収分割の方式により、Jトラストフィナンシャルサービス㈱(現 ㈱日本保証)に承継。ホールディング業務に特化。
2011年6月 東京都港区に本店移転。
2012年6月 当社普通株式1株につき2株の株式分割を実施。
2012年8月 2011年に進出した韓国において、KCカード㈱(現 Nexus Card㈱)の子会社として、親愛㈱(現 JT親愛貯蓄銀行㈱)を設立。
2012年10月 韓国において、親愛㈱が貯蓄銀行業の認可を取得し、貯蓄銀行業に参入するとともに、商号を親愛貯蓄銀行㈱(現 JT親愛貯蓄銀行㈱)に変更。
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場。
2013年7月 ライツ・オファリングによる資金調達を完了。
2013年10月 東南アジアへの進出を目的として、シンガポールにJTRUST ASIA PTE.LTD.を設立。
2014年11月 インドネシアにおいて、インドネシア預金保険機構よりPT Bank Mutiara Tbk.(現 PT Bank JTrust Indonesia Tbk.)の株式(99.0%)を取得し、当社の連結子会社とする。
2015年1月 韓国において、韓国スタンダードチャータード金融持株㈱より㈱韓国スタンダードチャータード貯蓄銀行の全株式を取得し、当社の連結子会社とするとともに、商号をJT貯蓄銀行㈱に変更。
2015年3月 韓国において、韓国スタンダードチャータード金融持株㈱より韓国スタンダードチャータードキャピタル㈱の全株式を取得し、当社の連結子会社とするとともに、商号をJTキャピタル㈱に変更。
2019年8月 カンボジアにおいて、ANZ Funds Pty Ltd.よりANZ Royal Bank(Cambodia)Ltd.の株式(55.0%)を取得し、当社の連結子会社とするとともに、商号を「J Trust Royal Bank Ltd.(現 J Trust Royal Bank Plc.)」に変更。
2020年11月 Nexus Bank㈱を株式交換完全親会社、Jトラストカード㈱(現 Nexus Card(株))を株式交換完全子会社とする株式交換を実施し、同社及び同社子会社であるJT親愛貯蓄銀行㈱を連結の範囲から除外。