株主・投資家の皆様へ

「まずは復配を目指します」

代表取締役社長 藤澤 信義

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
2020年12月期には、当社の個別決算において大幅な赤字を計上したことから利益剰余金がマイナスの状態となり、誠に遺憾ながら期末配当金を無配とさせていただきました。

しかしながら、株主の皆様への適切な利益還元が経営の最重要施策のひとつとの認識に変わりはありません。貸借対照表の純資産の部における勘定科目の振替処理を行うことにより、配当可能な状態に戻したいと考えております。
2021年12月期は、まずは復配を目指します。また、早期の業績回復と安定的な利益確保に努め、増配などの株主様へのさらなる利益還元につながる道筋をつけたいと考えております。

現在は、新型コロナ感染症の拡大という厳しい事業環境に直面してはおりますが、役職員一同、株主・投資家の皆様に高い評価をしていただけるような企業グループづくりに全力を尽くしてまいります。より一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2021年3月