企業統治の体制

企業統治の体制の概要及び当該の体制を採用する理由

当社は、上記の基本的な考え方に基づき、機動的なコーポレート・ガバナンスを維持するため、有価証券報告書提出日現在(2021年3月30日)で、以下の企業統治の体制を採用しております。

  • a.当社は監査役制度を採用しております。
  • b.当社の取締役は7名、監査役は3名であります。取締役は男性7名で構成されており、うち社外取締役は2名であります。また、監査役は男性3名で構成されており、うち社外監査役は2名であり、監査役会を設置しております。
  • c.社外役員の専従スタッフは配置しておりませんが、取締役会などの日程調整及び案内等につきましては総務部が担当し、状況により総務部が事前説明を行い、趣意の徹底を図っております。
  • d. 会社の機関として取締役会、監査役・監査役会、経営会議、コンプライアンス・リスク管理委員会を置いております。
  • 取締役会
    取締役会は、社外を含む取締役及び監査役全員で構成されており、議長は代表取締役社長が務めております。取締役会は、月1回の定時取締役会及び随時開催される臨時取締役会にて、経営の重要事項及び個別案件につき、その必要性、有効性を検討し、コンプライアンスの観点及び上場会社としての独立性の観点から審議し、意思決定を行っております。
  • 監査役・監査役会
    監査役は、取締役会と協働して会社の監督機能の一翼を担い、取締役の職務の遂行を監査することにより、当社グループとして様々なステークホルダーの利害に配慮するとともに、これらステークホルダーとの協働に努め、健全で持続的な成長と中長期的な企業価値の創出を実現し、社会的信頼に応える良質な企業統治体制の確立に努めております。また、監査役は、当社グループ各社の取締役会及び経営会議の他、意思決定の過程、執行状況の把握のため随時委員会等の会議に出席することができ、必要に応じて、当社グループの役職員に対して直接説明を求めることができます。
    監査役会は、社外を含む監査役全員で構成されており、議長は常勤監査役の山根秀樹氏が務めております。監査役会は、月1回の定時監査役会及び随時開催される臨時監査役会にて、各監査役の職務の遂行の状況の報告を受け、情報を共有し、監査の実効性の確保に努めております。
  • 経営会議
    経営会議は、当社役員(常勤取締役及び常勤監査役)、当社グループ各社の役員及び関係役職員で構成されており、議長は当社代表取締役社長が務めております。経営会議は、月1回の定時経営会議及び随時開催される臨時経営会議にて、当社グループの経営方針、各業務運営管理における重要事項並びに執行方針に係る審議・報告を行うことで適切な対応に努めております。
  • コンプライアンス・リスク管理委員会
    コンプライアンス・リスク管理委員会は、委員長に指名された役職員で構成されており、委員長は当社代表取締役社長が務めております。当該委員会は、原則四半期に1回開催され、当社グループの経営及び業務における、コンプライアンス及びリスク管理に関する方針・施策の決定、法令及び社内規定等の違反案件発生時における是正・改善勧告を行うことで、コンプライアンス・リスク管理の徹底に努めております。

コーポレート・ガバナンス体制図(2021年3月30日現在)

当社のコーポレート・ガバナンス体制の仕組みは次のとおりであります。

この図は横にスクロールしてご覧ください。