ニュースリリース

PT Bank JTrust Indonesia Tbk とPT Springhill Mizumi Serpongの住宅販売業務提携契約締結について

2022年6月29日
Jトラスト株式会社

						

2022年6月29日、PT Bank JTrust Indonesia Tbk. (代表取締役社長 深代 律雄) は、阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区) とSpringhillグループのPT NHL(本社:ジャカルタ) の合弁会社である、PT Springhill Mizumi Serpong(代表取締役社長 Hadi Kusuma Christanto) が開発するバンテン州タンゲラン県チサウ郡の「Springhill Yume Lagoon(スプリングヒル ユメ ラグーン)」の住宅販売に係る業務提携契約を締結しました。

Springhill Yume Lagoonがある、バンテン州タンゲラン県チサウ郡は、ジャカルタの南西部に位置しており、ジャカルタの中心部まで鉄道等で約1時間の交通利便性の高い立地にあります。また、周辺には開発が進むBSD(ブミ・スルポン・ダマイ)地区があるなど、生活利便性にも優れていることから、更なる発展が見込まれるエリアです。本プロジェクトでは、販売価格が700 Mil IDR(約600万円)以下の住戸を中心にしており、相応の所得を有し、販売が見込める階層をターゲットに、タウンハウス分譲事業に取り組んでいます。 日本の住宅をコンセプトにしたタウンハウスは、子供の遊び場、ジョギング&サイクリングコース、クラブハウス、プール、カフェ、多目的ホール、コマーシャルエリア、礼拝所など様々な施設を備え、モダンで充実した内容となっています。

PT Bank JTrust Indonesia Tbk.では、「Springhill Yume Lagoon」の住宅を購入するお客様を対象に、「借入期間最長30年」にして、固定金利期間終了後の変動金利を軽減し月々の返済負担を少なくすることを実現した住宅ローン商品の他、固定金利の軽減と固定期間を延長した当初負担を軽減する住宅ローン商品や「借入期間最長10年」の短期返済で固定金利のみ適用する住宅ローン商品等、お客様のライフスタイルにあわせて選べる住宅ローン商品をご用意いたしました。 本提携商品は、お客様の安心した将来設計を可能にする商品ラインアップとなっております。 今後もインドネシア国民皆様の豊かな社会づくり・生活に貢献してまいります。

(調印式の様子)

Springhill Yume Lagoon

以上

本件に関するお問い合わせ先

Jトラスト株式会社 広報・IR部