ニュースリリース

2022年トップCSRアワード(Winner of TOP CSR Awards 2022) にてJ Trust Bankが二つの賞を受賞

2022年4月4日
Jトラスト株式会社

						 

2022年3月30日ジャカルタ Rafflesホテルで開催された2022年度トップCSRアワードでPT Bank JTrust Indonesia Tbkが二つの賞を受賞しました。

1.「2022年トップCSRアワード」 2.「2022年CSRコミットメントトップリーダー」代表取締役社長 深代律雄 トップCSRアワードは、インドネシアで最大かつ最も誇り高いCSR賞の1つです。 この賞は、J Trust Bank のCSR活動である「体制・方針・実行」がGoodレベル(3つ星)であり、実行されたプログラムがコロナ禍のビジネス活動を支援していたことを評価されました。 同アワードイベントには、インドネシアの様々な業界の200社が参加しました。

2022年TOP CSR賞のピークイベントには、J Trust Bankの取締役会を代表して取締役のFelix I HartadiとCSRを担当するRidyawan Amnarが参加しました。

(TopBusinessから引用) J Trust Bankは、社会的責任(CSR)プログラムの方針と戦略の策定において改善を続け、CSR活動は増え続けています。

CSRプログラムを実行するのに、J Trust Bankは、「持続可能な金融」「持続可能な開発目標 (SDGs)」に沿って、「環境」「社会」「経済」の3つの柱を中心に展開しています。この3つの柱を中心に、財務の持続可能性を支えるCSRプログラムに注目するSDGsの8つの側面が存在します。

8つの側面が2つに分類され、事業戦略における持続可能性のために分けられたSDGs11(持続可能な都市とコミュニティづくり)、SDGs14(海の豊かさを守ろう)、SDGs15(陸の豊かさを守ろう)である。CSR戦略における持続可能性については、唯一のSDGs14とその他、SDGs3(全ての人に健康と福祉を)、SDGs4(質の高い教育をみんなに)、SDGs8(働きがいも経済成長も)、SDGs13(気候変動に具体的な対策を)、SDGs17(パートナーシップで目標を達成しよう)の6つの側面が存在します。

Konsisten Perkuat Keuangan Berkelanjutan, Bank JTrust Indonesia Fokus di Pengembangan Tiga Pilar - TopBusiness

本件に関するお問い合わせ先

Jトラスト株式会社 広報・IR部