ニュースリリース

Jトラストグループが一般市民向けのCovid-19ワクチン接種センターを開催

2021年8月31日
Jトラスト株式会社

						 

ジャカルタ, 2021年8月26日, 中央ジャカルタ管理局長の Iqbal Akbarudin氏 は、PT Bank JTrust Indonesia Tbk(J トラスト 銀行)の社長 Ritsuo Fukadai氏 と J トラストグループの代表者、PT Turnaround Assets Indonesia(TAID)の社長 Tamaki Tadashi氏を伴ってジャカルタでのワクチン接種活動を視察した。

J Trust 銀行は、同じJトラストグループのJ Trust Investment Indonesia(JTII)、J Trust Consulting Indonesia(JTCI)、JTrust Olympindo (JTO)、Turnaround Assets Indonesia (TAID)とともに、ジャカルタの6ヶ所でワクチン接種センターサービスを開催した。これは、加速予防接種プログラムのサポートの一形態として一般の人々を対象としている。そして、インドネシア政府が引き続き支援しているコミュニティ免疫(集団免疫)を構築するためである。

https://ojk.go.idで言及されているように、金融サービス庁はまた、金融サービス業界(IJK)が2021年12月末を目標にしたワクチンを一般市民に配布することを奨励している。 OJK委員会のWimbohSantoso会長は、インドネシア全土の金融サービス業界を通じたCovid-19ワクチン接種の実施により、11月の政府の目標に従って、社会のあらゆるレベルでコミュニティ免疫を確立するという目標を加速することが期待されると説明した。 昨年6月の金融サービス部門の集団ワクチン接種開始時の大統領の指示に従い、金融サービス業界は、すべてのコミュニティのワクチン接種プロセスをスピードアップするために、Covidワクチン接種の中心になることが期待されている。 Covidワクチン接種のスピードと成功は、国民経済を回復するための取り組みを大きく左右する。コミュニティ免疫が形成されると、コミュニティの経済はコミュニティの可動性に合わせて再び動くからである。 中央ジャカルタ政権による促進を受けて、Jトラストグループは、メンテンとタナアバンの6つの場所にワクチン接種センターを提供した。
TANAH ABANGエリア Halaman Masjid al Bukhori Jl. Kebon Pala 1 Ujung Rt 04/16 Kel. Kebon Melati
SDN 07 Petamburan Jl. Petamburan II No. 58 Rt 008/03 Kel. Petamburan
Halaman Apotik Aries Jl. Kebon Kacang 1 RW 02 Kel. Kebon Kacang
MENTENGエリア Pos RW 08 Jl. Kalipasir Gg. Eretan Kel. Kebon Sirih
Pos RW 08 Matraman Dalam Kel. Pegangsaan
RT 04 RW 10 Jl. Menteng Tenggulun Kel. Menteng
https://www.jtrustbank.co.id/id/csr/j-trust-group-selenggarakan-sentra-vaksinasi-covid-19-untuk-masyarakat-umum

本件に関するお問い合わせ先

Jトラスト株式会社 広報・IR部