ニュースリリース

JT親愛貯蓄銀行による新型コロナウイルス感染症対策の支援活動について

2020年4月10日
Jトラスト株式会社

						 

JT親愛貯蓄銀⾏は4⽉2⽇、ソウル⻄⼤⾨区エラン院にて新型コロナウイルスの影響で困窮するシングルマザー50世帯に対し、500万ウォンの寄付金を贈呈しました。

エラン院は未成年の⼦供を抱えるシングルマザーに特化した相談⽀援センターで、⽣活施設や代替学習施設を備えており、 JT親愛貯蓄銀⾏とエラン院は2018年以来、⽂化体験活動等のプログラムを通じて交流があります。 寄付⾦は新型コロナウイルスの影響で困窮するシングルマザー50世帯の生活支援の財源として使⽤される予定です。 また、その他⽀援品としてマスク・消毒液・体温計をはじめとする衛⽣⽤品や⾷品の贈呈も行いました。

当社グループとしては引き続きCSR活動の一環として、各社会問題への積極的支援を継続して参りますと共に、 今回被患されました方々の1日も早い回復と、困難な状況下におかれる皆様が1日でも早く日常を取り戻されることを心よりお祈り申し上げます。 参照(ハングル) 毎日経済 https://www.mk.co.kr/news/economy/view/2020/04/347545/ アジア経済 https://www.asiae.co.kr/article/2020040309202552910

以上

本件に関するお問い合わせ先

Jトラスト株式会社 財務部