JT親愛貯蓄銀行が2015年アジュ経済の金融証券大賞において『信頼経営部門大賞』を受賞

2015年12月11日
Jトラスト株式会社

						

グローバル総合経済誌アジュ経済は、2009年から「アジュ経済金融証券大賞」を制定し毎年 15~20個企業を選定し授賞しています。 金融企業従事者たちのプライドを高揚させ韓国金融産業の発展に資するべく、今年で7回目の金融証券大賞を開催しました。

審査委員団の審査を経て分野別に経営革新によるリスク管理能力向上と顧客サービス強化などの成果を成した企業を選定し、金融委員長賞(総合大賞)、金融監督院長賞(最優秀賞)、銀行連合会長賞、生命保険協会長賞、損害保険協会長賞、与信協会長賞、貯蓄銀行中央会長賞、韓国取引所理事長賞、韓国預託決済院社長賞、金融投資協会長賞など総13部門に対して授賞が行われました。 JT親愛貯蓄銀行は、役職員のみならず顧客との信頼関係構築と徹底したコンプライアンス体制による経営の透明性向上で、信頼出来る企業である事を認められ2015アジュ経済金融証券大賞で信頼経営部門大賞を受賞する事になりました。 JT親愛貯蓄銀行は2012年旧)未来貯蓄銀行を買収する際、当時旧)未来貯蓄銀行の従業員で雇用承継を希望する従業員全員を正規社員に雇用しました。 2014年には貸金系列3社との営業譲渡を通じて貸金業者の利用顧客を制度圏金融機関の貯蓄銀行に取り込み、顧客の権益を向上させると同時に消費者保護を強化しており、既存顧客に対して利下げを行い利息負担を軽減させる事で顧客との信頼関係を構築しました。 また、JT親愛貯蓄銀行はコンプライアンスを最高経営価値に位置づけ、業界最高水準の遵法監視制度を運営し経営の透明性を高めました。 JT親愛貯蓄銀行はこれまで6万に余りに達する顧客に対して一括利下げを行い、1年間正常取引した顧客向けに貸付金利を1%引き下げており、今後も毎年利下げを行う予定です。 なお、人為的な構造調整をしないという経営方針の基、韓国内雇用創出を導き企業の社会的責任を果たすため、その基本的役割に充実しています。 JT親愛貯蓄銀行はアジュ経済金融証券大賞の信頼経営部門受賞を機に、今後も韓国経済と金融の発展に努め信頼出来る企業になるよう尽くします。 2015121101 2015121102 2015121103 2015121104

本件に関するお問い合わせ先

Jトラスト株式会社 広報・IR部門担当
03-4330-9100(平日9:00~18:00)