はじめてのJトラスト Jトラストとは?

Jトラストは
「既成概念にとらわれないファイナンシャルサービスを提供する」
グループを目指しています。

Jトラストは、1977年に日本で創業し、現在は日本だけでなく、韓国、シンガポール、インドネシアにおいて金融事業を中核とし、銀行業務・信用保証業務と債権回収業務に注力している会社です。
日本で培った審査力・回収力やマーケティング力を韓国に持ち込み、貯蓄銀行を再建したほか、銀行、債権回収、リース・割賦からなる総合金融サービスを提供する事業基盤を確立しました。さらに、インドネシアでは、韓国での銀行再生経験を活かして商業銀行の再建に取り組むとともに、サービサーやファイナンスカンパニーとの三位一体の事業基盤の構築をし、成長を図っています。
2018年3月期(前期)には、非中核事業であるアドアーズ株式会社の全株式を売却し、その一方で2018年4月にはインドネシアのファイナンスカンパニーであるオリンピンドマルチファイナンス会社、同年5月にはカンボジアの商業銀行であるANZロイヤル銀行の株式取得を発表し、同じく5月にはモンゴルのファイナンス事業を展開するキャピタルコンティネンスインベストメントの株式取得をおこなうなど、「既成概念にとらわれないファイナンシャルサービスを提供する」企業体を目指し、経営資源の選択と集中を進めております。
このコンテンツでは、Jトラストグループの各国での取り組みや各事業についてご紹介していますので、どうぞご覧ください。

5つの事業