中期経営計画に基づく3つの戦略がJトラストグループ成長のカギです。

Point1
[海外金融] 銀行業を中心とした利益拡大
韓国金融事業

韓国では、低金利の預金を原資とした貯蓄銀行による貸付と、信用力を活かしたJTキャピタルによる貸付により、残高伸長を目指します。
また、TA資産管理はサービサーとして債権の回収に特化するなど、各事業を有機的に連携させ、収益の拡大を目指します。

韓国金融事業ストラクチャー
貯蓄銀行・キャピタル会社の資産残高
韓国金融事業 営業収益・営業利益 予想
東南アジア金融事業

インドネシアは世界第4位の人口と、GDP成長率が高く、東南アジア地域の中でも今後の経済成長が見込める国であります。J Trust Bank Indonesia株式の100%を保有していること、さまざまなファイナンスノウハウを有していることの強みを活かし、今後リテールファイナンスや、東南アジア地域のマルチファイナンス会社に対する卸金融を強化し、資産を積上げていきます。

東南アジア金融事業ストラクチャー
J TRUST BANKの資産残高
東南アジア金融事業 営業収益・営業利益 予想
Point2
[国内金融事業] 保証・債権回収への注力
信用保証事業

国内の金融事業ではこれまで消費者向け、事業者向けに対する融資事業をおこなってきましたが、市場が縮小するなか、私たちはこれらのファイナンスノウハウを活かし、保証事業に特化した事業構造に転換させました。集客から債権の管理、人材派遣など独自のサービスを含めてワンストップで展開可能な、これらの強みを活かし、さらなる収益の向上を目指していきます。

国内金融事業ストラクチャー
サービサー事業

パルティール債権回収は、特に不動産担保貸付債権ならびに無担保貸付債権の買取りや債権の管理回収業務の受託を得意とするスペシャルサービサーであり、その専門性を活かした事業展開で収益をあげています。今後も積極的な債権買取りの実施により収益の拡大を目指します。

クレジットカード事業

Jトラストグループでは、2015年1月にクレジットカード事業を組織再編し、Jトラストカードが誕生しました。お客様のお役に立つカードショッピング、ショッピングクレジット、キャッシング&ローンを通じて、お客様に喜んでいただけるような上質なサービスを提供します。

保証事業残高
国内金融事業 営業収益・営業利益 予想
Point3
アミューズメント×不動産事業

アドアーズは首都圏の駅前を中心に、全国52店舗の遊戯施設を展開するアミューズメント施設総合開発企業です。
また、子会社に不動産事業を行うキーノートを持ち、住宅・商業を問わない幅広い不動産情報を収集することができます。
さらにJトラストが持つ金融事業由来の不動産情報網を最大限活かし、今後も更に事業を拡大して参ります。

国内非金融事業ストラクチャー
国内非金融事業 売上高・営業利益予想